スピーディー引越しをするなら業者を比較しよう

きちんと準備を

家電

レイアウトを考えて

引越は、何度か行うと準備や手順について慣れてきますが、あまり経験がないときはなかなか大変なものです。あまりに早く準備しても生活が不便になりますが間に合わなければ別料金が発生したり周りに迷惑をかけたりすることになります。冷蔵庫は、大物家電の中でもきちんとした準備が必要なものです。それでいて、引越直前まで使わなければならないものであるため、事前にある程度シミュレーションしてから準備や掃除を進めていく必要があります。引越当日は、冷蔵庫も冷凍庫も中を空っぽにしておき、氷なども取り払ってきれいにしておく必要があります。引越当日に向けて徐々に中味を処分していきましょう。前日には電源をきり、アース線を抜いておく必要があります。内部に霜がある場合、とっておかないと運搬時に水がこぼれてしまうことがあるので、霜も含めてきれいに掃除しておきましょう。いよいよ当日となったら、新居のどこに冷蔵庫をおくかあらかじめ考えてから業者に指示しなければなりません。冷蔵庫は家電の中でも大型なので、後から移動させるのは大変なためです。コンセントの位置、動線の都合、放熱スペースの有無、ドアの開閉の都合などを考慮して設置場所を考えましょう。下見に行ったときに、ある程度考えておくのがおすすめです。たいていはコンセントの都合から、そこまで選択肢はありません。ただ、放熱スペースをきちんと設けることと、ドアの開閉が不都合でないかどうかは気にしておきましょう。